アイドリング!!!

『アイドリング!!!』は、2006年10月30日からフジテレビONEにて、日本標準時月曜日〜金曜日(隔日)17:00-17:30に放送されているフジテレビ721(当時)初の帯番組。地上波で放送されている『アイドリング!!!日記』、2008年7月から8月にかけて放送していた『アイドリング!!!冒険王ング』についても記載する。レギュラー出演している女性アイドルグループのグループとしての活動については、アイドリング!!! (グループ)を参照。

画像
アイドリング!!!日記 [編集]

概要 [編集]
2週間分の本放送から2つ程度のメインコーナーをピックアップした総集編であり、その際にはスーパーやなぞりテロップ、インサートカットなどの使用、カット割りや時間軸の変更などを行っている。ナレーターはメンバーが持ち回りで担当する。なお新聞のテレビ欄には、この番組のタイトルが『新アイドル』となっていることがある。

CS放送未加入の地上波視聴者に向けての、或いはオンデマンド配信非購入者に対してのサンプル番組という側面もあり、盛り上がった部分を敢えてカットして「続きはフジテレビon demandで!」とテロップを出す編集手法が取られている部分もある。
画像

見栄えの派手な運動系企画、ゲストが参加した企画、タイアップ商品を取り扱った企画などが選ばれる傾向が高い。それらの編集されたメインコーナーの他、近く封切りされる映画の宣伝としてメンバーが監督やキャストにインタビューをするコーナーが放送される場合もある。

2008年11月から本放送で放送されていない日記独自のコーナーが開始された。エンディングテーマを除いて不定期放送となる。

Idoling Weekly News…各地で行われた番組外でのイベントに参加した様子が放送される。
アイドリング!!!広報部…スーツを身に纏った4人程度のメンバーが、自らプロモーション活動を行う様子を放送する。
エンディング…本放送のオープニング曲とは別のカバー曲を歌う。
その他、本放送のスピンオフ企画(ex.マニアイドル!!!の後日談「ミニ四駆を極めよう」など)も放送される。
画像


2008年4月から2009年3月までのCS放送版では前日地上波で放送された内容の他、2分半程度の別素材が付け加えられていた。この為に撮り下ろしたメンバーによるミニコーナーや、新曲のPV、メンバーの誕生祝いの様子などが放送されていた。

2009年4月からの本放送の変則的な放送スケジュールに伴い、日記の内容が本放送よりも先行することが多くなった。特に地上波(フジテレビ)の放送は放送曜日の関係上、その傾向が顕著となる。

フジテレビで放送休止になった場合、翌日以降に放送するCS放送では前週に放送されたものか、アイドリング!!!冒険王ングなどの再放送を行う。

画像

ネット局・放送時間 [編集]
この節は最新・正確な番組情報を提供するものではありません。録画・録音・視聴・聴取などの際には放送局の公式Webサイトなどで確認してください。免責事項もあわせてご覧ください。
地域 放送局 放送曜日と時間[15] 放送開始日 放送日遅れ
関東広域圏 フジテレビ(番組制作局) 毎週火曜日26:33-27:03[16][17][18] 2007年1月10日 -
山形県 さくらんぼテレビ 毎週水曜日25:35-26:05 2008年10月4日 23日遅れ
長野県 長野放送 毎週水曜日25:05-25:35 2009年4月29日 ?日遅れ
静岡県 テレビ静岡 毎週木曜日27:25-27:55 2008年10月23日 9日遅れ
福井県 福井テレビ 毎週木曜日25:20-25:50 2008年10月23日 9日遅れ
中京広域圏 東海テレビ 毎週金曜日26:35-27:05 2008年10月17日 3日遅れ
島根県・鳥取県 山陰中央テレビ 毎週日曜日24:25-24:55 2009年5月3日 ?日遅れ
愛媛県 テレビ愛媛 毎週月曜日24:35-25:05 2009年4月6日 ?日遅れ
高知県 高知さんさんテレビ 毎週土曜日25:05-25:35 2007年4月14日 11日遅れ
福岡県 テレビ西日本 毎週金曜日26:05-26:35 2008年10月23日 10日遅れ
長崎県 テレビ長崎 毎週木曜日25:15-25:45 2008年10月9日 16日遅れ
熊本県 テレビくまもと 毎週木曜日26:25-26:55 2008年11月23日 31日遅れ
大分県 テレビ大分 毎週木曜日25:38-26:08 2009年4月16日 9日遅れ
沖縄県 沖縄テレビ 毎週金曜日25:20-25:50 2009年5月15日 ?日遅れ
全国放送 フジテレビONE 毎週土曜日17:00-17:30
毎週日曜日6:30-7:00(再放送) 2008年4月18日 4日遅れ[19]
フジテレビTWO 毎週土曜日24:50-25:15(再放送) 2008年4月18日 4日遅れ
画像


備考
過去にテレビ新広島で2008年10月22日から2009年3月25日までネットしていた。

アイドリング!!!@はちたまライブ [編集]
2009年4月より、かつて収録で使用していた球体展望室「はちたま」に観客を招き(有料)ライブを行う。その模様を翌月フジテレビNEXTにて放送する。
画像


月刊アイドリング!!! [編集]
2009年4月より、ファンクラブ(後述)会員向けに発売されるDVD「月刊アイドリング!!!」の内容を23分に再編集したものをフジテレビNEXTにて放送する。
画像


アイドリング!!!冒険王ング [編集]
アイドリング!!!は2008年夏、フジテレビが行っているイベント「お台場冒険王ファイナル」のイメージキャラクターに選ばれ、期間中(7月19日から8月31日まで)の土曜、日曜中心に17人全員で特設会場「冒険ランド」内にある「冒険王スタジアム」でライブを行った。

このライブは期間中休止したレギュラー放送[20]に代わる番組収録も兼ねており[21]この模様は翌週の土曜、日曜にフジテレビ721・CSHDで夕方に放送され、フジテレビ On Demandでも同時間から配信開始された[22]。全14回[23]。

画像

DVD [編集]
2008年6月27日発売「アイドリング!!! Season1 DVD BOX」
オンエア#1〜30を3枚組としてDVD化。特典映像として2期生によるオフショット「パジャマアイドリング!!!」が収録。封入特典の異なる初回限定盤もあり。
2008年7月28日発売「お台場冒険王ファイナル限定版 アイドリング!!!の夏休みング!!!〜朝から昼編〜」
冒険王オリジナル企画としてメンバーのオフショットを収録したもの。3rdライブの打ち上げとして木場公園でバーベキューを行う様子、番組恒例「ロワイヤル」企画など。
2008年7月28日発売「お台場冒険王ファイナル限定版 アイドリング!!!の夏休みング!!!〜昼から夜編〜」
「〜朝から昼編〜」の続編。2チームに分かれたドッジボール、個々の夢を綴った紙飛行機を飛ばす様子などが収録。
2008年10月31日発売「アイドリング!!!in冒険王 ファイナル 〜uRaのウラまで密着ング!!!」
冒険王44日間のステージ記録映像、お台場冒険王振り返りング!!!、打ち上げ映像、レモンドロップなど。
2008年11月28日発売「アイドリング!!! Season2 DVD BOX」
オンエア#31〜130及び地上波3時間15分SPを6枚組(本編5枚+特典1枚)としてDVD化。特典映像として2期生によるオフショット「パジャマアイドリング!!!」が収録。封入特典もあり。
2009年4月15日発売「アイドリング!!! Season3 DVD BOX」
オンエア#131〜230を6枚組としてDVD化。特典映像「パジャマアイドリング!!!」が収録。封入特典もあり。
画像

使用楽曲 [編集]
オープニングタイトルバック
Tipsy&Tipsy「Bang! Ready to Go」(番組開始から2007年7月10日まで[24])
capsule「宇宙エレベーター」(2008年4月7日から)
自己紹介BGM
SHEBANG「WAR BETWEEN US」
お願い!お願い!ファン様タイトルコール
Caramell「Caramelldansen」(2008年11月4日から)
ファン様!リクエスト(コーナー終了)
capsule「candy cutie」(2008年4月14日から2008年10月22日まで)
画像

衣装 [編集]
既存のアイドルグループに見られた全員同一、或いは色違いの様な衣装はない。その時々の流行を取り入れた[25]メンバーまちまち[26]のアイテムながら、色調やデザインなどに統一感のあるものを着用し、数ヶ月ごとに衣替えが行われる。それらは番組を離れたロケ、或いは握手会やライブなどでも着用されている。なお番組開始から数週間は統一感のないばらばらのものを衣装として使用していた。
2009年春期にも定例の衣替えが行われたが、ピンクのシフォンブラウスだった森田だけが数回の着用で黄色のノースリーブに変わった。
2ndシングル以降、PVや「アイドリング!!!」以外の番組で歌唱する機会ではいわゆる「歌衣装」を制作、着用するようになった。5thライブで着用した衣装はVantanデザイン研究所ファッションデザインLab在校生の手によるもので、メンバー全員が全く同じデザインであった。[27]
番組中は常に左胸に「アイドリング○号」「氏名」[28]「年齢」が書かれた名札を付けており、番組開始から2008年3月までは名札の左下と右上に各メンバーのイメージフラワーが描かれていた[29]。外しているのは曲収録の時だけで、他番組に出演する場合でも基本的には付けている。(FNS歌謡祭の観覧中など)
番組の企画が体を動かす様なもの、汚れる恐れのあるものの場合、衣装もそれに対応したものに変わる。
番組開始から2007年3月まではメンバーそれぞれ違った色のシャツとハーフパンツまたはジャージ等で、ゼッケンはなく名札をつけていた。
画像

2007年4月から2008年3月までは白の無地のシャツに紺のハーフパンツでメンバーそれぞれは胸に「1号 加藤」といった太文字の油性ペンによる各々の手書きのゼッケンを付けていた。
2008年4月以降は薄いパステルカラーのTシャツで、ゼッケンの替わりに左胸にそれぞれの番号がプリントされているものになった。但しマニアイドル!!!でコマンドサンボを行った際のみカモフラージュ柄のTシャツを着用した。
2009年1月から、期で別れて争うような企画では、サイドに白いラインの入った紺色(1期)とえんじ色(2期)のジャージ(いわゆる芋ジャージ)を着用する。
ライブやイベントの前後には、その販売用グッズとして制作されたTシャツやボウリングシャツを着用することもある。
MC升野はダークグレーのスーツにネクタイ、夏場はジャケットを着ずに半袖ワイシャツ姿となる。各種イベントに帯同する折りもそれは変わらない。相当気に入ったのか番組で用いていた衣装であるスーツを貰い受け、他番組でも着用するようになった。[30]また女子アナウンサーは比較的カジュアルで、ポップな色合いのものが基本スタイルとなっている。
画像

席順 [編集]
原則的に号数の昇順で前後2列(9人なら前5席、後4席)で座る。挨拶等もその順で行われていたため1期生時代、9人中最後になる横山ルリカは挨拶のネタが被らないことに腐心すると語り、2期生が加わった後、最後か最後から2番目となる三宅ひとみが、画面端となり存在感が薄くなっているのではという悩みを持っていた。

2009年4月に3期生が加入してからは彼女らをMCに近い前列左側に配し、それに続いて号数の若い1期生2期生の順で座る形式を取っている。

画像

制作スタッフ [編集]
2009年5月現在

チーフプロデューサー:加茂裕治、神原孝、宮道治朗、石井浩二、佐々木将
企画協力:吉田正樹[31]
プロデューサー:門澤清太、清水泰貴
アシスタントプロデューサー:菊池麻衣
ディレクター:後藤優、森洋介、鈴木麻美、佐久間隆太
構成:酒井健作、なかじまはじめ、石舘光太郎、井筒大輔
キャラクターイラスト:ニイルセン(「アイドリング!!!日記」のみ)
TP:斉藤浩太郎
SW:米山和孝
CAM:上田容一郎
VE:山上祐樹
AUD:本間清孝
LD:市村秀太
美術プロデューサー:古江学
デザイン:棈木陽次
美術進行:矢野雄一郎
大道具:大原隆
電飾:大木謙二
アクリル装飾:松本健
生花装飾:安藤岳
スタイリスト:和田ケイコ
メイク:山田かつら
衣装:津幡真優
音響効果斉藤信之
TK:星美香
技術協力:マルチバックス
衣装協力:スタッフドゥ
デジタルコンテンツ:野々川緑、瀧澤航一郎
編成:氣賀由佳
デスク:小坂井望江
演出:飯村徹郎
制作:フジテレビバラエティ制作センター
制作著作:フジテレビ
画像

過去の主なスタッフ [編集]
プロデューサー:朝妻一、朝倉千代子
ディレクター:桑原正史、嶋田武史、蓑島敦子、白川誠
構成:興津豪乃
演出:塩谷亮、鈴木善貴、赤池洋文
画像

出演者として [編集]
他番組と一線を画す点としてスタッフが演者として登場する機会が多いことが挙げられる。

一例としてはスタッフが小ジョッキの水を飲む数を競うだけの企画「スタッフ飲み」では門澤以下、森、鈴木(善)、佐久間のD陣や若手AD陣、カメラアシスタントや大道具までもが主役となり、メンバーはただ後ろで応援するのみであった。或いは「ドSが作り、ドSが仕切る番組」[32]の通りドッキリの仕掛け人となることも多い。またライブにおいて様々なキャラクタに扮してダンサーとして登場することも多い。

門澤…審査員役、何かジャッジが必要な場面では100%登場。「スタッフ飛び」「スタッフ土俵」などのメンバーからの踏まれ役でもほぼ登場。
森…オタク風の風体を時折弄られ、門澤と共に「踏まれ役」多数。ライン役となった「反復スタッフ横跳び」では転倒した滝口に股間を掴まれる。古今のアイドルに詳しく「アイドル仙人」の異名を持ち、番組企画で自宅を訪問された際、それらの雑誌やDVDがビールの空き缶と共に部屋一面に散乱した様子を公開された。
佐久間…「裁判員制度ング!!!」の被告として[33]。また「今さら男子には聞けないこと」での男性スタッフのリーダー役など。
白川…「イーソーしりとり」で全身白タイツで「一索」の顔出し面を被り、メンバーの顔面に至近距離から送風機で強風を浴びせ、それをCCDカメラで接写[34]。また森田涼花コーディネートによる氷室京介(ヒムロック)のパロディーキャラ「シラロック」に扮する。
植松…「TAMIYA」のロゴ入りTシャツとキャップ、サングラス姿で工具箱を肩に掛けた姿で「ミスターミニ四駆AD」としてマニアイドルの講師役を務める。そのキャラクタで「AKBINGO!」にも出演。
画像

演出 [編集]
上記の出演とは違い、いわゆる「見切れ」ではよく登場していたのが総合演出を担っていた塩谷だった。セットチェンジ中を写すワイプ画像にメンバーに耳打ちをする後ろ姿が写っており、進行中もカメラ横からカンペでMCやメンバーへ指示を送り、台本にないアドリブのネタを仕込んだり、机上の計算通りに行かなかった場合の軌道修正などを行っていた。
画像


ライブ終了後の打ち上げでメンバーに訓示を行い、イベントでは会場のファンに対してメッセージを述べ、ファンサービスを兼ねてメンバーにネタ振りをし、公開でダメ出しをするなど、番組制作の職域を超え、ユニットとしてのアイドリング!!!の育成役でもあった。彼の影響は小さくなく、「トリビアの泉」を始めとするバラエティー畑出身で自ら認める門外漢であるが故に、ステレオタイプのアイドル番組とは違うバラエティー色の濃いものとなり、賛否はどうあれメンバーも芸人であるかの様な意識を叩き込まれていった。

2008年3月21日、当初3ヶ月だったという予定を大幅に超えて務めていた塩谷はその任を解かれ「エチカの鏡〜ココロにキクTV〜」へと異動。それまでディレクターであった鈴木(善)が2代目総合演出へ昇格した。

メンバーの増員、収録方法の変化など番組のカラーも一新される過渡期の中で、局舎内を利用したロケ企画、学生時代の経験を活かした「ラジオ!!!アイドリング」、メンバー2名を任意に選び出してトークをさせる「シャッフル2ショット」などの新機軸を打ち出したが、同年10月9日自らが仕掛け人となったドッキリ企画(前述)を最後に「新しい波16」へと異動。斉藤舞子によれば継続を希望したが却下されたという。

3代目総合演出は内部昇格ではなく「お笑い登龍門」でディレクター等を担当した赤池が務めた。「お願い!お願い!ファン様!!!」など塩谷演出時代の企画の復活に加え、ラーメンやミニ四駆など自身の趣味嗜好を反映した企画で独自色を出した。
画像


2009年3月の放送から、これまで2名の離任時にあったような予告もなく、突如赤池の名が消えた。それ以降4月20日放送分まで、門澤が「諸般の事情」(ブログでの記述)で演出を兼任した。

2009年4月22日放送分から、笑っていいとも、もしもツアーズなどを経て、現在はアナ★バン!の演出を担当する飯村に引き継がれた。最初の企画は自身の偽物[35]を仕立て、メンバーに面接させるというドッキリだった。

画像

ファンクラブ [編集]
2008年7月発足。呼称は「アイドリング!!!公式ファンクラブ『アイドリング!!!ファン様クラブ』」。会員専用サイトを備え、番組収録に参加していないメンバーの控え室での様子「uRaアイドリング!!!」や新曲のレコーディングやPV撮影のメイキングなどの動画コンテンツ、時折メンバーやスタッフが書き込むこともある掲示板、番組収録への優先招待、コンサートチケットの先行販売、会員限定イベントの開催[36]、限定グッズ販売[37]などの特典がある。
画像


脚注 [編集]
^ 一般的に慣らし運転は「エイジング」などと呼ばれ、待機状態を指す「アイドリング」とは区別される
^ 後にAKBアイドリング!!!を介して間接的には関わる
^ 2009年5月から「企画協力」
^ 過去最大延長は37分(合計64分)。2007年4月27日放送分「マニアイドル(麻雀〜死闘篇!!!〜)」。2番目は35分(合計62分)。2008年11月4日放送分「お願い!お願い!ファン様!!!」
^ 番組開始時から2007年3月頃まではメンバーの名前を呼び捨てで呼んでいた時期がある。
^ グループのメンバーとしては2009年1月18日の4thライブまで在籍。但し、2009年1月30日の本放送で「ズミドリング!!!」として過去の名場面と未公開素材からなる総集編を放送、またアイドリング!!!日記は自身の最後のライブなどを取り上げた2009年1月22日放送分でナレーションを担当、番組最後に姿を見せ視聴者にコメントを寄せた
^ 放送日と再放送が繰り返され、月曜の放送を火曜に、水曜の放送を木曜に再放送する。金曜の放送は翌週の月曜に再放送され、火曜の放送が水曜に、という形で2週間で本放送及び再放送が5回分放送される
^ 2008年4月7日からフジテレビCSHDでも放送。
^ プロ野球オープン戦等があったときは翌日の月曜日13:30-15:45に一挙放送
^ 初日の2007年10月28日は第1回〜第10回放送分を一挙放送、29日からは1日2回分の放送
^ 2008年1月6日25:00〜1月7日8:00に一挙放送(101回〜114回)をすることになっていたが、2007年12月24日に放送した「ゲームセンターCX 聖夜のリベンジスペシャル!」が2008年1月6日20:00-29:00に再放送されたため、101回〜108回の放送部分は休止となり、放送休止する回(101回〜108回)は2008年2月6日・7日に振り分けて放送された。
画像

^ 過去に、獲得ステッカーなしが3つあった
^ 最初の罰ゲームはADによる「しっぺ」だった
^ 鈴木(善)演出時代のみ「スーパーマニアイドル!!!」
^ 放送時間の変動あり。また、放送設備のメンテナンスにより、深夜の再放送が放送休止する場合がある。
^ 2009年4月7日から
^ 番組開始から2007年3月までは毎週水曜日25:58-26:28、2007年4月から2007年9月までは毎週水曜日26:08-26:38
^ 2007年10月18日から2009年3月19日までは毎週木曜日26:40-27:10
^ 土曜日17:00放送分の遅れ日数
^ 8月11日から14日はレギュラー放送。
^ 番組冒頭、日直が「アイドリング!!!冒険王期間中だから土日放送スペシャル!始まるよー!!」の一言を発して番組が始まる。
^ 7月19日・20日の放送は7月16日、この日に発売された3rdシングル「告白」の発売記念ライブと握手会も兼ねて、オープン前の「冒険王スタジアム」で収録を行った。
^ 期間中、終了後も度々フジテレビ721/739/CSHDで再放送された
^ アイドリング!!!日記では番組開始から2008年3月20日まで
^ ボーダー(2007年夏)、グラディエーター(2008年春)、ハイウエストミニスカート(2009年春)など
^ 全く同じ、或いは形は同じで色違いのアイテムをコーディネートを違えて複数のメンバーが着ることはある
^ [1]
^ 6号・外岡については「氏名」の上に振り仮名がついている。過去に4号・江渡にも振り仮名がつけられていた。
^ 現在、イメージフラワーが描かれているのは外岡のみ。
^ 男おばさん+#27での発言
^ 番組開始時から2008年12月まではゼネラルプロデューサー
^ 2007年1月9日のオープニングで升野談
^ 2008年12月2日「発表!!アイドリング!!!ユニットプロジェクト」で、フロアディレクタとして番組を進行していた際、AD西田に放った怒鳴り声が放送に乗ってしまうミスがあり、それを2008年12月23日の番組企画で「怒号事件」としてあげつらわれた。
^ イーソー様の使い役に扮したスタッフは鈴木(善)を筆頭に多数
^ 升野の後輩芸人、勢登健雄(ツィンテル)
^ 毎月1回、誕生月のメンバー合同でイベントが行われている
^ コンサート会場での限定グッズの他、オリジナルDVD「月刊アイドリング!!!」など
画像

外部リンク [編集]
「アイドリング!!!」 - フジテレビによる番組公式サイト。トップページから「アイドリンガーズ!!!」に行き、フジテレビIDへの、無料会員登録でメンバーブログ「煮詰まります!」とスタッフブログ「焦げつきます…」を読み書きできる。
「アイドリング!!!〜オンデマンド版〜」 - 本放送の内容に加え、本放送に収まりきらなかった部分や、収録終了後のフリートークなどの様子も含めて配信。2008年4月よりCS放送と同時の17:00から配信を開始している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック