横山 ルリカ

横山 ルリカ(よこやま るりか、1991年9月27日 - )は、アイドル・タレント。プロダクション尾木所属。 神奈川県横浜市出身。愛称はルリルリ、ヨコヨコ、ルリンコ、ルーリー。

2005年8月10日に、高見沢俊彦プロデュースのアイドルユニットDoll's Voxの一員としてCDデビュー。

現在はフジテレビ系『アイドリング!!!』及び『アイドリング!!!日記』にアイドリング9号として出演中。

画像
よこやま るりか
横山 ルリカ プロフィール
愛称 ルリルリ
ヨコヨコ
ルリンコ
ルーリー
生年月日 1991年9月27日
現年齢 17歳
出身地 日本・神奈川県
血液型 O型
公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重 168 cm / 44 kg
BMI 15.6(低体重)
スリーサイズ 79 - 63 - 86 cm
股下 / 身長比 82 cm / 48.8 %
単位系換算[表示]
身長 / 体重 5′ 7″ / 97 lb
スリーサイズ 31 - 25 - 34 in
股下 32 ″
画像

活動
デビュー 2003年
ジャンル タレント
歌手
モデル内容 ファッション、一般
備考 アイドリング!!! (グループ)
他の活動 モデル
モデル: テンプレート - カテゴリ
画像
エピソード [編集]

アイドリング!!!関連 [編集]
年齢の割に大人びたルックスであるため、番組MCの升野英知から「実は短大生では?」と女子大生キャラにされる。またルックスだけでなく発言も大人びた真面目なものが多い優等生キャラでもあるが、初期のころはそれとは対照的なキレキャラを演じることが多かった。基本的に笑い上戸である。
プロフィール上では身長168cmとなっているが、升野(身長165cm)と並んだ際「横山さん、そんなに大きかったっけ?」と驚かれていた。
画像

各メンバーが1人で自由に1分間自己アピールするコーナー「一分グ!!!」では特技のドラムを披露した。 ただし番組DVDではメンバー9人の同コーナーの中で唯一カットされてしまっている。
外岡えりか(アイドリング6号)と番組内で「教えて!中3先生!!!」のコーナーを担当したが、2007年4月5日放送分から「教えて!高1ティーチャー!!!」とコーナータイトルを変更し、引き続き担当した。
自分が大好きなものを他メンバーに紹介するコーナー「大好きアイドリング!!!」では「腹巻き」「ネコ」の2つを紹介した。
画像

人気コーナー『イーソーシリトリ!!!』はコーナー創設時に優勝すると「イーソー牌」1つが貰えたが、これを3つ[1]を2度、4回続けて優勝、2007年11月29日放送分から2008年6月4日放送分まで9回連続決勝戦(2位以内)まで残るなど、メンバーで1番強く、2009年4月20日放送の時点で通算13回優勝している。
番組では天然なところを時々見せており、MCから「IB」(I:意外と、B:バカ)と呼ばれていたが、今はそれをも通り越して「OB」(O:恐ろしい、B:バカ)と呼ばれている。
「お願い!ファン様!!!」のコーナーでは升野をいじるネタを好む。
アイドリング内でのイメージフラワーは「ユリ」である。
共演している河村唯(アイドリング12号)とは同じ事務所に所属。
正座が苦手である。番組内で「正座ング!!!」と称して度々正座が行われているがすぐに痺れてしまい、足を崩したところを升野に木の棒で責められ悲鳴を上げた。
画像

「横山ルリカ」は本名である(2008年10月14日放送での発言)。
番組初期「ルリンコ星」から来たお姫様、という設定があった。升野がデザインした「理想の5年後Tシャツ」では他のメンバーが5年後の姿であるのに対し、横山だけはルリンコ星自体の絵柄のみで人物は描かれていなかった。(全員集合バージョンでは集合写真での欠席者の様に片隅に枠付きで登場している)なおバカリズムのネタ「総合医者」の中にそれをモチーフにしたと思われる「エリンコ星」という台詞がある。ちなみに、2008年7月23日のメンバーブログ「煮詰まります!」の「☆るりんこ星☆」で、実際に、てんびん座星群の中に「るりんこ星」(正式名称は「ST.Rurika-Rurinko」)を登録した。
画像

コーヒーが飲めない。家族全員苦手にしており、家で飲んでいるのは紅茶のアールグレイ。
2007年11月21日放送のドッキリ企画で控え室を隠し撮りされた際に「戻ってだってよ~」と気の抜けたような台詞を言った。それ以降ブログで時折「~だってよー」という言い回しを使うことがある。
2008年8月25日のメンバーブログ「煮詰まります!」の中で「決めたら、迷わないタイプ」「決めたら、選ばなかった道は振り返らない」、さらには8月29日にも「私生活の面でも大きな決断をして一生忘れられない夏になりました」と立て続けに書いたことから一時、ファンの中から学業専念のための卒業を噂されるも、9月2日の書き込みでこれを否定した。
匂いにこだわりを持つ河村唯から肩の裏側を嗅がれ、メンバーの中で三宅ひとみと並んで良い匂いだと評価された。[2]
画像

その他 [編集]
12歳の頃、宮本恒靖のファンであった母親と共に彼のフレームがあったプリクラ機で撮影するために原宿を訪れた。その後トイレを利用するために立ち寄ったラフォーレ原宿でスカウトを受けた。[3]そのときに、スカウトマンが母親に「15歳ぐらいですか?」と聞かれ、母親が「12歳です」と答え、スカウトマンを呆然させたことがある。[4]
AKB48チームAの小嶋陽菜が一番好きなアイドリング!!!メンバーに挙げている(ちなみに事務所も同じ)。また、チームKの大島優子とは以前横山が属していたDoll's Voxのメンバーであった。
アイドリングメンバーの中では優等生キャラとして扱われる場合も多いが、実際に中学在学中に英検準2級・漢検準2級に合格している。
画像

クイズ!ヘキサゴンIIのアナウンスクイズでおバカさんたちがトンチンカンな出題をしても平然と答えていたため、島田紳助から「15歳(出演当時)がだいぶ助けたで」と褒められていた。
髪はやや赤みが掛かっており、瞳は茶色いがそれは生まれつきである。北海道出身の母がロシア系の血を引いており祖父は瞳が灰色、髪が赤茶色であった。
家族は4人家族。構成は両親と弟1人。そして「ルキ」という猫を飼っている。ブログでしばしば語られることがある。
画像

出演 [編集]

テレビ番組 [編集]
SDM発i(フジテレビ)・・・2004年1月~3月
SDM発l(フジテレビ)・・・2004年4月~10月
CS発!美少女箱(フジテレビ721・739)・・・2004年11月~2005年3月
アイドリング!!!(フジテレビONE TWO NEXT)・・・2006年10月~
アイドリング!!!日記 (フジテレビ、フジテレビONE TWO NEXT)・・・2007年1月~
クイズ!ヘキサゴンII(フジテレビ)・・・2007年5月30日(単独)、2007年7月11日放送(谷澤恵里香と)
ネプリーグ(フジテレビ)・・・2007年10月8日
爆笑レッドカーペット (フジテレビ)・・・2008年6月11日
脳内エステIQサプリ(2009年2月14日、フジテレビ) 遠藤舞・酒井瞳と一緒に解答者として出演。
ザ!世界仰天ニュース(2009年3月4日、日本テレビ)
画像

CM [編集]
かぶちゃん農園「市田柿」(テレビCM)
代々木ゼミナール(ポスター)
画像

舞台 [編集]
こころ洗うミュージカル「赤毛のアン」(2005年8月・2006年8月)

その他 [編集]
ミュードラ(ミュージック+ドラマ)「愛すべき人」(女子高生役)
2007年6月、フジテレビ721で放送。
ごくせんスピンオフ![1](女子高生役)
2008年4月19日より「ごくせん」公式サイト内で放送さたスピンオフミニドラマで「第2日本テレビ」から配信だった。ここでは岩本恵とともにメンズビオレとキシリッシュのCM出演及びプレゼントキーワードの発表役を務めた。
画像

CD/DVD [編集]
※高見沢俊彦プロデュース Doll's Vox名義

「夢見るオモチャ箱~恋するDancing Doll」(2005年8月/DVD付きマキシシングルCD)
※アイドリング!!!名義
画像


→アイドリング!!!を参照

書籍 [編集]

写真集 [編集]
「るりいろ」(2008年11月、東京ニュース通信社)
画像

ムック [編集]
BLT U-17 vol.2(2007年5月)/vol.4(2007年11月)/vol.8(2008年11月)/vol.10(2009年5月)(東京ニュース通信社)

トレーディングカード [編集]
「横山ルリカオフィシャルカードコレクション るりんこ姫襲撃」(2009年7月18日、さくら堂)


画像


脚注 [編集]
^ 3つ集めると番組内で主役のコーナーを務めることが出来た
^ 詳細は河村唯の項を参照。
^ 2008年7月9日放送「アイドリング!!!」のコーナー「ラジオアイドリング!!!ドラゴンボイスZ」で本人がタレントになったきっかけについて語っている。
^ 2007年1月5日のメンバーブログ「煮詰まります!」の「☆身……長☆ 」の中で書かれている。
画像

外部リンク [編集]
所属事務所による公式プロフィール
アイドリング!!!公式H.P

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック