AKB48

AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、秋元康の完全プロデュースにより2005年に誕生した日本の女性アイドルグループである。秋葉原に専用劇場であるAKB48劇場を持ち、ここでほぼ毎日公演を行っている。グループ名の由来は、office48の社長の芝幸太郎(芝=48)とホームグラウンドである秋葉原(あきはばら)の略称「秋葉(あきば)」(AKiBa)から[1]。愛称は主に「AKB」があるが、「アキバ48」という表現も一部である。

画像
研究生から正メンバーへの昇格者 [編集]
昇格年月日 氏名 昇格先 備考
2008年2月3日 佐伯美香 B 正メンバー昇格第1号
2008年3月4日 倉持明日香 K Kへの昇格第1号
2008年3月24日 成瀬理沙 K 2009年5月24日卒業
2008年3月26日 藤江れいな A Aへの昇格第1号
2008年4月15日 佐藤亜美菜 A
2008年7月13日 宮崎美穂 A 5期生昇格第1号
2008年7月30日 北原里英 A 2008年デビュー組の昇格第1号
2008年8月2日 指原莉乃 B
2008年8月5日 仁藤萌乃 B 当時最速昇格(99日)
2008年10月19日 中田ちさと A A5初日に昇格
2008年12月29日 高城亜樹 A 史上最速昇格(71日)かつ6期生昇格第1号
2009年1月24日 小原春香 B 唯一の昭和生まれの昇格者
2009年1月29日 中塚智実 B
2009年3月26日 近野莉菜 K 2007年デビュー組最後の昇格者
画像


チーム編成 [編集]
当初は、ファン投票を反映して一軍24名、二軍24名ずつの計48名が昇格、降格を繰り返しながら公演を行っていくスタイルを予定していたが、方針を変更して16名ずつのチームに分けて公演を行う体制を取っている。過去には「ばら組」「ゆり組」構想や「ひまわり組」公演などチーム改編の試みも行われている。
画像

ばら組・ゆり組
2006年11月4日のファーストコンサート終了後に発表。2007年度より2組に分かれて公演する構想だったが、方針の転換により見送られた。当初発表されていたメンバー構成は以下の通り(チーム名は当時)。

ばら組
浦野、大島麻、折井、小嶋、駒谷、高橋、平嶋、増山、峯岸、渡邊志(以上A)
秋元、今井、大堀、小野、河西、小林、野呂、松原(以上K)
ゆり組
板野、大江、川崎、佐藤由、篠田、戸島、成田、星野、前田敦、中西里(以上A)
梅田、大島優、奥、佐藤夏、高田、早野、増田、宮澤(以上K)
ひまわり組
2007年7月から2008年4月まで行われた、チームAとチームKの合同公演。足りないメンバーは研究生から補充され、公演期間中に4名がチームに昇格した。

目的(ひまわり組開始当初の公式ブログでの発表による)は、
画像


チームAとチームKを混在させることで、新たなユニット・MCが生まれ、メンバーそれぞれの新しい可能性を探すチャンスになる
取材や収録が入っても、ダブルスタンバイにより常に16名で公演を行うことができ、公演の質が安定する
下表が公演出演メンバー。同じ項目に併記されたメンバーが入れ替わり、毎公演で16名(2ndでは18 - 20名)が出演。
画像


1st「僕の太陽」(休演・梅田)
秋元/成瀬
板野/戸島
大島麻/倉持
大島優/川崎
小野/奥
河西/小林
小嶋/佐藤亜
佐藤夏/駒谷
篠田/大堀
高橋/大江
中西里/佐藤由
野呂/松原
前田敦/成田
増田/出口
峯岸/早野
宮澤/増山

画像


2nd「夢を死なせるわけにいかない」(休演・大江、中西里、梅田)
秋元/成瀬
板野/川崎
大島麻/倉持
大島優/佐藤亜
小野/奥
河西/小林
小嶋/戸島
佐藤夏/駒谷
佐藤由/中田
篠田/大堀
高橋/駒谷、宮崎
野呂/松原
前田敦/成田
増田/小原、近野
峯岸/早野
宮澤/藤江

画像


(暫定)シアターGロッソ「夢を死なせるわけにいかない」(休演:奥、佐伯)
秋元/中田/大家
板野/指原/菊地
倉持/北原/柏木
大島優/佐藤亜/浅居
小野/宮崎/多田/林
河西/高城・藤江/仲川/岩佐
小嶋/小林/仁藤
佐藤夏/片山/佐藤す
佐藤由/松原
篠田/大堀/米沢
高橋/梅田
野呂/田名部/野中
前田敦/近野/渡辺/鈴木紫
増田/小原/松井
峯岸/平嶋/石田
宮澤/藤江・高城/仲谷/鈴木ま
画像



選抜メンバー [編集]
AKB48では、グループが大人数であること、通常はそれぞれのチームに分かれて公演を行っていることなどから、シングルをリリースする際、または写真集・雑誌のグラビア写真等には一部のメンバーが選抜され、レコーディング、CDジャケット、PV(『スカート、ひらり』『BINGO!』『桜の花びらたち2008』『大声ダイヤモンド』を除く)及びプロモーション活動には選抜メンバーのみが起用される。ただし、テレビ出演の場合は全員が出演、あるいは一部メンバーが入れ替わって出演するなどのケースがある。
画像


CDシングル関連 [編集]
スカひらセブン
(『スカート、ひらり』のCDジャケットで選抜されたチームAメンバーの通称名)
チームA:大島麻、小嶋、高橋、成田、前田敦、板野、中西里
『会いたかった』選抜メンバー
チームA:板野、大江、大島麻、小嶋、篠田、高橋、戸島、中西里、成田、前田敦、峯岸
チームK:秋元、梅田、大島優、小野、河西、小林、野呂、松原、宮澤
『制服が邪魔をする』選抜メンバー
チームA:板野、大島麻、小嶋、篠田、高橋、中西里、前田敦、峯岸
チームK:秋元、大島優、小野、河西、増田、宮澤
『軽蔑していた愛情』選抜メンバー
チームA:板野、大島麻、小嶋、篠田、高橋、中西里、前田敦、峯岸
チームK:秋元、大島優、小野、河西、小林、佐藤夏、増田、宮澤
『BINGO!』選抜メンバー
画像

(強調文字はPVで白い衣装を着用しているフロントメンバー)
チームA:板野、大島麻、小嶋、篠田、高橋、中西里、前田敦、峯岸
チームK:秋元、大島優、奥、小野、河西、増田、宮澤
チームB:柏木、平嶋、渡辺麻
『僕の太陽』選抜メンバー
(強調文字はフロントメンバー)
チームA:板野、大島麻、小嶋、篠田、高橋、中西里、前田敦、峯岸
チームK:秋元、大島優、小野、河西、宮澤
チームB:渡辺麻
『未来の果実』選抜メンバー
画像

(劇場版、月間B.L.T2007年10月号の表紙を飾ったメンバー。強調文字はKBC九州朝日放送水と緑のキャンペーンHPに記載されているメンバー)
チームA:板野、大島麻、小嶋、篠田、高橋、中西里、前田敦、峯岸
チームK:秋元、梅田、大島優、小野、河西、佐藤夏、増田、宮澤
チームB:渡辺麻
佐藤は水と緑のキャンペーンHP記載のみ。
『夕陽を見ているか?』選抜メンバー
(強調文字は初回限定盤Bのフロントメンバー)
チームA:板野、小嶋、高橋、前田敦、峯岸
チームK:大島優、小野、河西、宮澤
チームB:渡辺麻
『ロマンス、イラネ』選抜メンバー
画像

チームA:板野、大島麻、小嶋、佐藤由、篠田、高橋、戸島、前田敦、峯岸
チームK:秋元、大島優、小野、河西、宮澤
チームB:菊地、渡辺麻
『桜の花びらたち2008』選抜メンバー
(強調文字は初回限定盤Bのフロントメンバー)
チームA:板野、大島麻、小嶋、佐藤由、篠田、高橋、成田、前田敦、峯岸
チームK:秋元、大島優、小野、河西、松原、宮澤
チームB:多田、柏木、菊地、平嶋、渡辺麻
『Baby! Baby! Baby!』選抜メンバー
(強調文字はフロントメンバー)
チームA:板野、大島麻、川崎、小嶋、佐藤由、篠田、高橋、中西里、前田敦、峯岸
チームK:秋元、梅田、大島優、大堀、小野、河西、宮澤
チームB:柏木、菊地、渡辺麻
『大声ダイヤモンド』選抜メンバー
画像

(強調文字はブレザー着用のフロントメンバー)
チームA:板野、大島麻、川崎、北原、小嶋、佐藤由、篠田、高橋、前田敦、峯岸、宮崎
チームK:秋元、大島優、小野、河西、宮澤
チームB:柏木、指原、渡辺麻
SKE48:松井珠理奈
『10年桜』選抜メンバー
(強調文字は劇場盤のフロントメンバー)
チームA:板野、大島麻、北原、小嶋、篠田、高橋、藤江、前田敦、峯岸、宮崎
チームK:大島優、小野、河西、倉持、宮澤
チームB:柏木、指原、渡辺麻
SKE48 チームS:松井珠、松井玲
『涙サプライズ!』選抜メンバー
画像

(強調文字は通常盤のフロントメンバー)
チームA:板野、北原、小嶋、篠田、高橋、藤江、前田敦、峯岸、宮崎
チームK:大島優、小野、河西、宮澤
チームB:柏木、指原、仁藤、渡辺麻
チーム研究生:小森
SKE48 チームS:松井珠、松井玲
『タイトル未定(13thシングル)』選抜メンバー
画像

(強調文字は通常盤のフロントメンバー)
チームA:板野、北原、小嶋、佐藤亜、佐藤由、篠田、高橋、前田敦、峯岸、宮崎
チームK:秋元、大島優、小野、河西、倉持、宮澤
チームB:浦野、多田、柏木、渡辺麻
SKE48 チームS:松井珠
『飛べないアゲハチョウ』アンダーガールズ選抜メンバー
チームA:高城
チームK:大堀、増田、松原
チームB:片山、指原、平嶋、米沢
SKE48 チームS:松井玲

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック